« サチアレト | トップページ

WE ARE BEAUTIFUL

5年ぶり 同窓会 親友と思い出話 テレビじゃ甲子園 
それを見て彰がポツリ 『あの頃はよかったな』って
『そう 意味なく無敵だった』とイエスマン
矢口も頷き『バカだけど必死に生きてた 
今じゃ 理屈並べ 仕事こなすだけの日々』

『おいちょっと待ってくれ』俺は慌てて言った
『あの頃は良かったっていうために生きてんのかよ?
今からだって バカになりゃいい』 
その時テレビ映った 選手より汗だく 必死な応援団

高く拳を振りかざし 叫ぶ WE ARE BEAUTIFUL 気合のみで立ち向かう姿
バカと言われりゃ褒め言葉 誇れ WE ARE BEAUTIFUL 
『応援団バカでカッケーな・・・』

~半年後~ 
駅前 広場 学ランオールバック姿で 声の限り応援してる 俺らバカ5人 
でも客はティッシュ配りの子だけ 通りすがり 学生もバカにして笑う
『みろよ あいつら何必死になってんだ?だせぇ』 
『応援したって 意味なんかねーのに』   
それを聞いた汗だくの山田が 『なあ必死に やることってダサいのかよ?』
すぐに 違うと言えない俺がいた  

今を本気で生きたくて バカなこと必死にやった  
意味がなきゃ やらないのは嫌だったから
なのに今さら周りの目 気にして言い訳 探してる  
何 
自分の人生に遠慮して 背を向け 安心してんだ?

高く拳を振りかざし 叫ぶ WE ARE BEAUTIFUL 振り返ると顔歪めながら 
ガムシャラに踏ん張る4人 誇れWE ARE BEAUTIFUL 
なぜか両手でVのポーズ

『なんだそりゃ?』 俺は山田に問う 『ビューティフルのV』 誇らしげに言った
オッケーそりゃBだ 愛すべきバカよ
ビビれ 震えろ 逃げたいからこそ 立ち向かうんだろ?必死で生きるんだろ? 
根拠のない自信 暑苦しく 叫べ!

その時目の前を さっき俺らを馬鹿にした学生が通る 
俺は前に出て 最高にダサく笑った
『バカになるのに理由はねー 
俺ら、意味が無いこと本気でやるんだよ バカだろ?』   

高く拳を振りかざし 叫ぶ WE ARE BEAUTIFUL そこに理由や意味は無くとも 
バカも極めりゃ美しい 誇れ WE ARE BEAUTIFUL これが俺らの生き様   

そして俺らの 初応援は終わった 汗でグチャグチャの顔を引っさげ歩く 
その時広場にいた あのティッシュ配りの子 『これ使ってください』と
差し出したティッシュには  YOU ARE BEAUTIFUL  化粧品のキャッチーコピー
そう、俺らは美しい・・・


『WE ARE BEAUTIFUL』 by サチアレト 

« サチアレト | トップページ